葬儀の服装で気を付けるべきこと

葬儀の服装で気を付けるべきこと 社会人になると職場やプライベートの付き合いの幅も広がり、お通夜や葬儀に出る機会も多くなります。葬儀にはさまざまな作法やマナーがあるため、故人や遺族に対して失礼がないようにするとともに、人前で恥をかくことがないようにしなければなりません。宗教や宗派、葬儀スタイルによって焼香の方法などに違いがありますが、その前に基本的な服装のことで悩むことも多いのではないでしょうか。通夜や葬儀、告別式などには、場に見合った服装のマナーというものがあります。

男性は女性ほど気を遣うことはなく、スーツが基本となります。通夜の場合は、訃報を聞いて取るものも取り敢えず駆けつけるということが前提なので、喪服でなく平服で構いません。地味な色や柄のスーツに白シャツ、派手でないネクタイなどであれば問題ありませんが、場にそぐわないものであればネクタイやシャツを替える必要もあるでしょう。女性の場合は、季節や状況によっては、着替えが必要となる場合も多いでしょう。地味な黒、紺、茶のスーツやワンピースで光るアクセサリーはしないのが一般的です。また、靴下やストッキングなどは見落としがちなので派手にならないようチェックしましょう。男性、女性ともに、葬儀、告別式に参列することができず、お通夜だけで済ませることがわかっている場合は、喪服を着用することもあります。

葬儀、告別式では、男性は喪服である黒のスーツ、黒のネクタイで参列するのが一般的です。スーツはシングルでもダブルでも構いませんが、白いカッターシャツが基本となるので、色物や柄物は避けるようにしましょう。ビジネススーツではネクタイピンやカフス、胸ポケットのチーフなどを身に付けることがありますが、葬儀ではつけないのがマナーです。また、普段から履いている黒靴であっても、光沢があったり金具がついていたりするものは避けましょう。

女性は黒のスーツ、ワンピースなどの地味でシンプルな格好が定番となります。夏であっても肌が露出するような格好は避けるようにします。また、派手なメイク、ネイルなどは場にそぐわないためあらかじめとっておきましょう。ヘアカラーをしていて奇抜な髪の色をしている場合は、毛染めスプレーなどを使って一時的であっても黒くするのが礼儀です。結婚指輪以外のアクセサリーは基本的につけませんが、冠婚葬祭に使用できるパールのネックレスは、不幸が続かないよう一連のみでの着用であればつけても構いません。葬儀や告別式の服装で失礼があると大人としての常識を疑われることにもなるため、注意が必要です。

最新ニュース