葬儀で気を付けるべき忌み言葉

結婚式の披露宴では、別れる、切れるなどの別離を連想させる言葉や戻る、繰り返すなどの再婚を連想させる言葉、不幸や不吉、死を連想させる言葉などがタブーである忌み言葉として知られています。慶事なので不吉な言葉が忌み嫌われるのが当然ですが、実は葬儀でも忌み言葉があるということをご存知でしょうか。弔事は慶事に比べるとあまり言葉に配慮しなくてもいいと思い込んでいることが多いため、今一度葬儀で気を付けるべき忌み言葉について確認しておくことが大切です。

天寿を全うした方の葬儀であっても、死は不幸なものとしてとらえるのが日本の一般的な考え方です。不幸が続くことを避けるために「重ね重ね、たびたび、ますます、つづく」などという言葉は避けるべきであるとされています。

また、葬儀は宗教や宗派によっても死生観に違いがあるため言葉に気をつけなくてはならないこともあります。焼香の仕方や拝礼の仕方ばかりに気がとられてしまい、お悔やみの言葉などには配慮が足りなくなってしまうこともあるので注意が必要です。ほんの一例ですが、仏式では「迷う、浮かばれない」、神式やキリスト教式では「成仏、供養、往生」など、使わない方がいい言葉があります。