葬儀の喪主挨拶で気を付けるべきこと

葬儀や告別式は喪主の挨拶で締めくくられることが一般的となっています。通常は遺体を霊柩車に乗せて出棺の直前に会場の玄関などで行われますが、規模や火葬が済んでいる場合などによっては、葬儀、告別式の最後に、会場内で行うこともあります。

突然の不幸に見舞われ、通夜からほとんど寝る暇もなく葬儀を迎えた喪主にとっては大変辛い時間となりますが、会葬者に対して挨拶することは大切なマナーとなっているため、短い言葉であっても心をこめることが大切です。その場で考えついたことを話そうとしても、悲しみで言葉にならないこともあるため、事前に考えておく必要があります。

喪主の挨拶では、忙しいなかに故人のために会葬していただいたことへのお礼が優先されるもので、その他には、生前故人がお世話になったことへのお礼、故人の人となりなどについて語ります。この喪主の挨拶の中で、故人の最期の様子や死因などについて明らかにされることもあります。また、残された家族の今後の生き方について述べたり、これまでと変わらぬお付き合いをお願いしたりして締めくくられることが多くなっています。気持ちの整理もつかず何を話していいかわからないこともありますが、喪主だけでなく遺族間で話し合って、挨拶の内容を事前に考えておくことが大切です。