葬儀のお悔やみの言葉

通夜や葬儀、告別式に参列した際、大規模な葬儀で人数が多い場合は別として、個人として喪主や遺族に挨拶するのは当然のマナーです。お悔やみは、大切な人をなくした遺族に、慰めや元気づけのために掛ける言葉ですが、故人の年齢や死因によっても遺族の悲しみや心痛には大きな違いがあるので、注意が必要です。

天寿を全うされた高齢な方の場合は、大往生をねぎらう気持ちの方が大きいものですが、病気や事故などで若くして突然亡くなった場合などは、遺族は深い悲しみや無念で心が潰されそうになるほどショックを受けています。言葉をかけたいと思ってもかける言葉が見つからないということもありますが、短く一言だけでもお悔やみの言葉をかけて気持ちを伝えます。

故人との深い付き合いが長く、遺族とも気心がしれている場合は、ついお悔やみの言葉や挨拶が長くなってしまうことがあります。遺族は葬儀の準備や進行で手一杯であり故人が亡くなったことをゆっくりと悲しむ暇もないので、失礼や負担にならないよう短めに切り上げるようにしましょう。また、最期の状況や死因などについて質問することはタブーとされています。葬儀が終わってしばらく時間が経って、遺族から話があるまで聞かないようにすることもマナーの1つです。