葬儀・通夜におけるマナー

葬儀や告別式の前夜に行われる通夜は、遺族や故人と特に親しい関係にあった人が、夜通し故人と過ごしながら灯りや香を絶やさないようにする儀式です。喪主をはじめとする遺族は、いつ訪れるかわからない弔問客の応対に追われ、食事などの準備もしておく必要があることから負担となることもあります。

最近では、夜通しではなく時間を区切って行う半通夜というスタイルも登場しています。また、会葬者の数が多い場合は、遺族や親族などで行う仮通夜と一般の方の弔問を受ける本通夜の2回に分けて通夜を行うこともあります。訃報を聞いて通夜に弔問する際には、失礼のない地味な平服で構いません。

遺族にお悔やみの言葉をかけ挨拶をした後に祭壇に向かいます。通夜は葬儀と違って受付が設けられていないことが普通なので、持参した香典は祭壇に直接お供えするようにしましょう。その際は不祝儀袋の表書きが自分側に正面になるように供えます。お参りが終わると通夜の料理によばれることもあります。久しぶりに顔を合わせる知人も多いかもしれませんが、遺族の気持ちに十分配慮して、宴会のような状態にならないように短時間で切り上げるのが礼儀です。時間がない場合は、丁寧にお断りして会場を出ましょう。